关于向北京大学日本校友会捐赠事宜

各位北京大学日本校友会校友:

    首先对校友们长期以来支持校友会工作表示衷心感谢!鉴于维持长久稳定的校友会活动需要投入一定的人力、物力与财力,加之有校友多次表示愿意向北大日本校友会捐赠,理事会决定按以下途径接受捐赠。

捐赠方式
  捐赠包括捐款和捐物。捐物可直接联系理事会成员,捐款可直接汇款至以下校友会账户。

    [北京大学日本校友会账户信息]
     銀行名:三菱東京UFJ銀行 
     支店名と支店番号:本郷支店 351
     口座種類:普通預金
     口座番号:3885006
     名義人:北京大学日本校友会 佐々木芳邦(ペキンダイガクニホンコウユウカイ ササキ ヨシクニ サマ)
     (注:本账户于佐々木芳邦校友担任会长时设立,沿用至今。)

捐赠项目种类
    捐赠项目包括:
    一,不定向捐赠,即直接汇款赠物,不指定捐赠内容使用目的;
    二,指定捐赠内容使用目的,例如要求用于新年会、踏青、讲座等具体活动。

捐赠流程 
    第一步:请各位捐赠人在进行捐赠之前,联系理事会成员,传达捐赠意愿。
    第二步:如果您是捐款,汇款结束后,请通知理事会成员,并告知捐赠人姓名、所属团体及汇款日期与金额,是否是定向捐赠、以及在北大在学(在职)期间的相关信息(如年级、院系等);如果您是捐物,请联系理事会成员。
    第三步:对所有捐赠,由校友会事务局开具“北京大学日本校友会”的收据,如不能当面交给捐赠人,则以邮寄方式发送给捐赠人。

公布捐赠人或团体名称
    在征求捐赠人或团体同意之后,在网站上公布捐赠人姓名或团体名称。
    校友会工作人员将在邮件群、微信群每半年公布一次捐款账户信息及收到的捐款金额与捐赠物品名称。
    注:以上捐赠是指,来自北京大学校友或北京大学相关团体的捐赠,其他捐赠须经理事会讨论后决定。

    再次感谢校友们长期的支持,相信在校友们的支持下,校友会将会办得越来越好。

北京大学日本校友会理事会
2016年7月31日

ご寄付のご案内

北京大学日本校友会の皆様:
    日頃より、校友会への様々なご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。私達は長期的に安定した校友会の活動には一定の人、物と財が必要であると感じてきたことに加え、数多くのご校友より北京大学日本校友会への寄付の申し出があったため、理事会は、以下の方法で皆様のご寄付を賜わることに致しました。

寄付の方法
    寄付には、寄付金と物品の両方が可能です。寄付金の場合には以下の校友会口座への振込により承っております。物品の場合には理事会メンバーへご連絡下さいますようお願いいたします。

    [北京大学日本校友会銀行口座]
     銀行名:三菱東京UFJ銀行 
     支店名と支店番号:本郷支店 351
     口座種類:普通預金
     口座番号:3885006
     名義人:北京大学日本校友会 佐々木芳邦(ペキンダイガクニホンコウユウカイ ササキ ヨシクニ サマ)
     (備考:当該口座は、佐々木芳邦校友が会长を担当する時に設立し、今現在まで使用。)

寄付の種類
    寄付の項目には二種類があり、一つとしては、不特定寄付として、使用の目的を指定しない寄付方式です。もう一つは、特定寄付であり、寄付金や物品の使用目的(新年会、歓迎会、セミナー等)を具体的に指定することが可能な寄付方式です。
            
寄付の手続きについて
    第一歩:寄付をお考えの方は、寄付を行う前に、理事会メンバーまでご連絡頂き、寄付の意思をお伝え頂くようお願い申し上げます。
    第二歩:もし、寄付金の場合には、口座振込完了後、必ず、寄付者のご氏名、所属団体、振込日、金額、指定寄付であるかどうか及び、北京大学在学(在職)期間に関する情報(学年、時期、所属等)を、理事会のメンバーまでお伝えください。物品等の寄付の場合には、理事会のメンバーまでご連絡ください。
    第三歩:あらゆる寄付に関しては、事務局より「北京大学日本校友会」名義の領収書又は受領書を交付致し、直接手渡しできない場合には、郵送で寄付者へお届け致します。

寄付者のお名前の掲載
    寄付者のお名前(個人、団体名)は、寄付者のご了承を得た上で、北京大学校友会のウェブサイト上に掲載させていただきます。
    以上の寄付口座と賜わった寄付についての情報は、校友会のメーリングリストと微信グループを通して、半年に一回の頻度で公表させて頂きます。
    備考:上記の寄付は、北京大学のOB又は北京大学関係団体からの寄付を指し、その他の寄付の受け取りに関しては、理事会の了承が必要です。

これまでのご支援に重ね重ね心より御礼申し上げます。皆様のご支援の下、校友間の交流プラットフォーム構築のために、様々な試みを積極的に行っていきたいと存じ上げます。

北京大学日本校友会理事会
2016年7月31日
Comments